試作:CNT入りレジン活用アプトプット

マナブデザイン株式会社


 プロジェクトサブリーダー、プロジェクトデザイン/マネジメント・クリエイティブチームでの活動報告です。  東京理科大が開発した海洋プラスチック由来のカーボンナノチューブ(以下 CNT)を、ストーリー性のあるプロダクトとして商品化するために、東京理科大主導で研究・検討を行った。CNTの機能性能と煙突効果を活用した自然吸気式の空気循環機器(東京理科大考発案)の形状検討と試作を行い、煙突効果の検証を行った。





1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
header03.jpeg

世界規模で海洋プラスチックの

マテリアルサーキュレーションを実現・継続する

Material Circulator

​プラスチック素材の循環「アップサイクル」システム