アワード進捗:CNT入りレジン活用アウトプット

マナブデザイン株式会社


 プロジェクトサブリーダー、プロジェクトデザイン/マネジメント・クリエイティブチームでの活動報告です。

 東京理科大が開発した海洋プラスチック由来のカーボンナノチューブ(以下 CNT)を、ストーリー性のあるプロダクトとして商品化検討しています。

 煙突効果の実証を得て、より感覚的に意匠デザインを整え、申請内容については東京理科大と共同検討の上でGood Design Award 二次審査のために、商品の説明用映像や展示準備などを進めています。

 本商品は意匠デザインはマナブデザイン、総合的なプロダクトデザインと機能デザインは東京理科大、共同での開発となります。





26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
header03.jpeg

世界規模で海洋プラスチックの

マテリアルサーキュレーションを実現・継続する

Material Circulator

​プラスチック素材の循環「アップサイクル」システム