プラゴミの選定回収とSNS活用

更新日:2020年8月27日

株式会社ピリカ


 SNSを活用した海洋プラゴミの選定・回収を行う想定で計画を進めておりましたが、コロナウイルス の影響により、屋外での検証が難航しています。現時点ではTBM社・東京理科大さんに人工芝を提供し、物性調査・分析のほか分離実験などを依頼しています。

 コロナウイルス の影響が長引くことも考えられるため、人口芝のリサイクル市場で調達先を探すほか、人工芝に比べ回収しやすい肥料用のポリ系樹脂カプセルの可能性を探っています。

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
header03.jpeg

世界規模で海洋プラスチックの

マテリアルサーキュレーションを実現・継続する

Material Circulator

​プラスチック素材の循環「アップサイクル」システム